詩画廊ぱーるΩ
年中無休。 更新不定期。 新鮮直送。
ちいさいそら
20180630 leaf shade

きぎのあいだから

かいまみえるそらは

ぼくをみつめかえしてきた

ぼくはおもわずせいざをし

はいたよわねをかいしゅうした

ゆっくりとかぜがふき

とかげがとおりかかって

ちろりとしたをだした












スポンサーサイト
あいさつ
20180628play.png

まだふっているけど

かさをとじてみた

あじさいに

あいさつするのに

かさはしつれいだ

ああ どうも こんばんは















いまはここにいます
20180603はち


ここにいるぼくは

きのうのぼくとおなじだろうか

にているようなきもするけれど

すこしちがってみえるのだ


ここにいるぼくは

あすまたここにいるだろうか

かならずいるともいえるし

たぶんいないだろうともいえる


つまりぼくは

いまはここにいる

ただ

いまは

ここにいるだけなのだ

どこにも
20180602 しろつぶ


どこにもかなしみなんかない

どこにもくるしみなんかない

せかいは  うちゅうは

どこまでもひらたく

はなのようにしずかだ

どこまでもとおく

きぎのようにかがやく



かっこにはいったかこ
20180524光と影


どこまでいったら
ふりむけばいいかな

どのくらいたったら
もういないのかな

きのうはまだいますか

おとといはどうですか

まだどこかにいれば

あのひをもういちど

やってみたいんだけど


ふりむいてみても

いいですか












てぶらでどうぞ
20180513kitchen.png


なにもいらないよ
すべてここにあるから

きみはかえってくるだけでいい

たなにはふるいきおくといっしょに
さいきんしこんだぴくるすもあるんだ

びんにみっぺいされたことばは
まめをいれたびんのよこに

めのおくにのこっているおもかげは
どらいふるーつのびんのうえ

ちかからわいんをもってくれば
そう りっぱにぱーてぃができる

だからてぶらでいいよ

かえってくるだけでいいんだ


おっかさんに
20180513kane.png


ちいさなこが
せのびしてなにかいうのも

おおきなおとこが
かがみこんでなにかいうのも

そのいっしゅんは
あまくうつくしい

おっかさんに
なにかいうのは

うつくしい
みーてぃんぐ
20180508.png


よふけ

きりさめ

しめったくうき


だれかの

ねいきが

しみこむやみに


ささやきごえが

かさかさと



しょくぶつたちの

みーてぃんぐ

あすのてんきと

けいざいと

つきぬぎだいに

よはあける


わがくにのゆくすえをうれい

わがみのはかなさをなげき

さいごにすいじょうきを

だしてかいさん


にんげんは

まだゆめのなか








ほしをみてたんだ
201904Hwaii-2.png


しんじないならいいさ

でも

みたんだ

ほんとうに

しょくぶつたちが

ほしをながめていたのを

くきをまげて

そらをあおぎみたり

はをゆらして

くもをそっとはらったりしていたよ


とてもしずかに

とくべつなかんじで

それはねっしんにみてたんだ


よがふけるまで

しんみりと



えんしゅう
201804Hawaii-1.png


ぼくはぼうしをかぶり
りゅっくをしょって
うんととおくへいった

とおくでもやはり

かぜがふくと
はなはわらい

あめがおちると
はっぱがはずんだ

ぼくはいまだに
ちきゅうがまるいということが
のみこめないでいるが

ぼくのあるくみちは
たぶん
えんしゅうなのだろう